なるみ

消費期限と賞味期限と保証

食べ物を買う場合に「消費期限」や「賞味期限」を気にしている人も少なくないのではないでしょうか。
しかしこの2つの違いについてはあまり理解せずに、ただ購入する日からできるだけ日付の遠いものを買っているという人もいるようです。
そんな人のために、ここでこの2つの違いを説明しておきましょう。
まず「消費期限」ですが、これは「開封していない状態で表示されている保存法に従って保存したときに食べても安全な期限」を表わし、弁当やパン、生菓子など長期保存ができない食品に表示されています。
次に「開封していない状態で表示されている保存方法に従って保存したときにおいしく食べられる期限」を示しているのが「賞味期限」です。
ハムやソーセージ、スナック菓子や缶詰など冷蔵や常温での保存ができ、これらは期限を過ぎてからでも食べることはできます。
ですから、消費期限はそれが食べられなくなる期限、賞味期限は食べられるけれども品質や風味、味の保証ができなくなる期限と考えればいいでしょう。
以前は「品質保持期限」という表示があったのですが、平成15年に賞味期限へと統一、平成17年にはJAS法によって賞味期限の表示が義務付けられたのです。

開封後は保証してもらえない

この2つにはこのような違いがあるのですが、注意しなければならないのがいずれも「開封されていない状態においての期限」であるという点です。
つまり、一度開封してしまうと期限内であってもメーカーによる保証はなされないということです。
たとえば、牛乳パックは開封しなければ消費期限内はメーカー保証をしてもらえますが、一旦口を開けてしまうとそれ以降は保証期限ではなくなるのです。
開封されたあとはどのような状態におかれるかメーカーで把握することはできないので、その後の責任は家庭へと移ってしまいます。
ですから、牛乳パックを開封したなら本来は別の密閉できる容器に移し替えて冷蔵庫で保管するべきといえるでしょう。